オリジナル

持ち運びしやすい、文庫本サイズの
「オリジナル」のたのしみ方をまとめました。

わたしの使い方を送る

No.0093
こどもたちのおもしろい発言を
イラストで記録
ひつじめいこさん

ひつじめいこさんは、
お子さんたちのおもしろい発言や
その日食べたごはんの記録を
イラストで描いているそう。
たっぷりスペースがあるので、
4コマ漫画風に記録もできますね。
やさしいタッチの、素敵なページです。

No.0092
イラストとコラージュが
混在する手帳
青木はるなさん

青木はるなさんの「ほぼ日手帳」は
イラストとコラージュが混在する手帳。
イラストとコラージュを
ページのなかに混在させると、
その日の思い出を生き生きと記録できます。
たとえば、その日食べたもの、着ていた服、
観戦したスポーツの記録、などなど。
絵で描いたり、切り抜いたものを貼ったり。
どんどん「自分だけの手帳」になっていきます。

No.0091
スペシャルな誕生日ページ
うやしゃんさん

1年のなかでも誕生日はやっぱり特別。
思いっきりカラフルにたのしく
ページを飾り立てたいですよね。
うやしゃんさんの
お誕生日ページはスペシャルです。
友だちとお祝いしたときの
写真を添えたり、
もらったプレゼントの一部を
切り取って貼っておいたり。
たのしかった1日の記録は、
毎日を過ごす原動力にもなります。

No.0090
マステやペンでカラフルに
セロリ☆さん

見開きのページに縦横ランダムに
マスキングテープを貼り、
その日のトピックスや強く感じたこと、
心に残った言葉を書く
セロリ☆さんの使い方。
日記の部分の色を変えたり、
イラストを描き込んだりすると、
よりいっそうたのしくなりますね。

No.0089
たくさん書いてページを埋める
はる*こさん

とにかく「たくさん書く!」と決めて、
ページを埋めていく使い方。
はる*こさんは、
体重、食べたもの、映画の感想、
文字を書くだけでなく、絵を描いたり、
映画のチケットの半券を貼ったり‥‥。
読み返してみると、なんでもないけど
大切な毎日がありありとよみがえりますね。

No.0088
日記の内容をスタンプで表現
リョータ=ガムさん

文字だけでページを埋めていくと
どうも長続きしない。
そんな人は、お気に入りのスタンプを
いくつか用意して、簡単なルールを決めて、
押していくといいかもしれません。
リョータ=ガムさんは
食べ物は「シェフ」のマーク、
いいアイデアが浮かんだときは
「電球」のマーク、というふうに
決めているそうですよ。

No.0087
印象的な出来事を
4コマ漫画に
のぞみさん

印象的だった出来事を
4コマ漫画にすると
そのときの状況とともに
感情がより感じられるページに。
毎日ではなく、
たまーに漫画にすることが
のぞみさんのつづけるコツのようです。

No.0085
テーマを決めて
シールを貼っていく
K.Kさん

テーマを定めて、結果を出したときに
その日のページに
シールを貼っていくというつかい方。
たとえば、助産師の
K.Kさんは、
赤ちゃんを取り上げた日にシールを貼り、
そのとき感じたことを日記にしています。
仕事につかれたときなどに読み返すと、
「私やっぱりお産が好きなんだな」と
実感できるそうです。

No.0084
思い出ダイジェスト
サヨさん

サヨさんは
食事をしたお店やライブなどの出来事を
年間インデックスページに
書き込んでいます。
小さくプリントした写真を貼ると、
さらに楽しいページに。
細かくふり返りたいときは、
その日のページへ。
1ヶ月のできごとをまとめて見られるのは
うれしいですね。

No.0083
初孫の成長アルバム
大畑さん

お孫さんの成長を記録した
大畑さんの「ほぼ日手帳」。
携帯電話やスマートフォンで撮った画像を
プリントアウトして貼るだけでも、
立派なアルバムになります。
たとえば離れた場所から毎日のように
送られてくる孫の写真を貼っていけば、
うれしい成長アルバムに。
ペンやシールで飾るのもたのしいですね。

No.0082
スタンプを押して、行動を記録
tomboさん

tomboさんは、
観光名所やテーマパーク、
あるいはなにかのキャンペーンなどで
スタンプラリーに参加するときに
専用のスタンプ帳だけでなく、
「ほぼ日手帳」の1日ページにも
スタンプを押しているそうです。
押しておけば
どの日にどの順番でどこを回ったか、
といったことも記録できますね。

No.0081
漢字一文字の日記
ふーこさん

1日ページのスペースに日記や家計簿を
つけてもなかなか続かない‥‥。
ふーこさんはその日を表す漢字一文字を
1日ページ、大胆に書いているのだそうです。
書いてあることは漢字一文字でも、
そのときの感情や
日々の気持ちの移り変わりがわかり、
きちんと日記のような役割になります。