自分用に
カスタムする

カバー・オン・カバーをかけて
気軽にカスタマイズしている方から
みずからカバーを手作りしている方まで。
自分流にたのしむアイデア、満載です。

わたしの使い方を送る

No.0483
好きな本ばかりをたくさん並べた
持ち歩ける本棚
いぬこさん

『ほぼ日手帳公式ガイドブック2022』で
ご紹介したいぬこさんの使い方です。

本が大好きで小学校の学校司書として
働くいぬこさんは、
自宅で過ごす時間が増えたことから
本棚や図書館で借りた本の
整理をするために読書記録をはじめました。

月ごとに読了本をチェックすることで、
その本を選んだ理由が明確になるんだとか。
手帳は学校でも
本の紹介に役立っているそうです!

No.0441
weeks MEGAを
自分色にカスタマイズ
シリウスさん

weeks MEGAの手帳にあわせて、
合成皮革でバタフライストッパー付きの
カバーを自作したというシリウスさん。

weeks MEGAの魅力である
たっぷりの方眼メモページで使うために、
3本の栞もセットで製作されたのだそうです。
□△◯のチャームが
ポイントになっていて素敵!

自分にぴったりのカスタマイズで、
手帳を使うのがより楽しくなりそうですね。

No.0479
鉛筆書きの月間ページを
シールでデコる!
ほぼ日 こまた

ほぼ日手帳チームのこまたは
月間スケジュールページの予定を
シールでにぎやかにしました。

「定期的な予定に
丸シールや矢印シールを貼ったり、
フレームシールで盛ってみました。
ヨシタケシンスケさんのシールは、
ただ貼るだけでかわいいです。
白く残ったスペースに
傘と長靴、雨粒のシールを、
また上下には細いマステを
貼ってみました」

ぐっと華やかになって、
梅雨の時期もたのしく
乗り切れそうですね!

ほぼ日文具部」のページでも
くわしくご紹介しています。

No.0373
アレンジがお見事!
家族の記録を楽しく残す
吉開富美さん

『ほぼ日手帳公式ガイドブック2021』で
ご紹介した、吉開富美さんの使い方です。

手作りの家族新聞紙がインパクト大!
たのしいだけでなく、買い物の金額や
晩ごはんのメモなど、
実用的な記録もたっぷり。

さらに週間ダイヤリーでは夫婦の体調管理。
薄いweeks用のノートを用途別に使い、
中身に合わせて表紙をアレンジするなど、
隅々まで工夫されています。

No.0524
自分だけのオリジナル
手帳カバー&マステケース
suncochoさん

オリジナルの手帳カバーと
手帳カバーにセットして使えるマステケースを
自作したというsuncochoさん。

ストローに巻いたマステと
小さなハサミを入れているというケースは
サイズ感が絶妙で使いやすそう!
「手帳にセットできる」というのもポイントです。

こぎん刺しで作ったというカバー下部の模様も
オリジナリティがあって素敵ですね。

No.0337
こぎん刺しでつくる
My手帳カバー
suncouchoさん

スケジュールの管理や
バードウォッチングの記録用に、
weeksを毎年愛用してくださっているという
suncouchoさん。

今年は「こぎん刺し」で
オリジナルのカバーを手作りしたそうです。

こぎん刺しの様々な模様と
色の組み合わせがとってもすてき!
愛用のweeksを使うのが
さらに楽しくなりそうですね。

No.0320
5年手帳の箱を
持ち運びケースに改造!
城跡仙人さん

5年手帳の箱を
持ち運び用のケースに改造したという
城跡仙人さん。

箱のフタと身をくっつけて、
側面を大胆にカットしています。
味わい深いテープの柄も相まって、
まるで辞書のような仕上がりです。

5年手帳の箱は、
もともと保管用にも使えるようにと
丈夫に作られたものなので、
持ち運び用のケースにもぴったりですね。

No.0332
手帳にも彩りを
ポンすけさん

「元旦に手帳みくじで『虹』を引きました。
彩りのある1年にしようとワクワクし、
“そうだ!手帳にも彩りを!”と思い立ち、
初めてカスタマイズしてみました。」
というポンすけさん。

手芸好きで、
つい買ってしまうレースや布の中から
ピンク色の weeks MEGA に
合うものを選びました。

「手帳のカスタマイズは思った以上に楽しくて、
何より自分だけの手帳に変身し、大満足です。」
とのこと。

ちなみに、weeks MEGA には
づんさんの家計簿』を参考にして
方眼ノートページに
家計簿をつけているそうです。

No.0329
余った毛糸が大活躍!
手編みの手作りカバー
アプリコット菜の花さん

1年に1度、新しい手帳を下ろすことが
しばらく前からの楽しみとなっているという
アプリコット菜の花さん。

余っていた毛糸を活用して、
カズンとday-free用に
2種類のカバーを編んでみたそうです。

余った毛糸を組み合わせたとは思えないほど、
すてきな色合い!
しおりのタッセルもポイントになっています。

カバー・オン・カバーをかけているので、
汚れを気にせずに長く使えますね。

No.0316
手帳とともに
お守りを持ち歩く
kuwa-no-miさん

毎年、ほぼ日手帳をパートナーとして
使ってくださっているというkuwa-no-miさん。

手帳に書き留めた
将来の夢の成就や
大切なプランが円滑に進むことを願って、
ジッパーズのしおりの部分に
お守りをつけているそうです。

毎日持ち歩くパートナーだからこそ、
お守りをつけるのはすてきなアイディアですね。
kuwa-no-miさんの
夢や願いごとが叶いますように!

No.0291
手帳といっしょに
スケッチへGO!
ほぼ日乗組員れっち

絵を描くのが大好きなれっちは
公園やカフェでスケッチするときの道具を
PORTERの「Dangle」カバーに入れています。
「カズンサイズだとかなり大きいので
たっぷり入れられていいですね。
父から譲り受けた水彩絵の具も、
外のポケットにすっぽり収まりました。
水筆だとバケツがいらないので、
外で絵を描くのにぴったりなんです。
白黒の絵なら水性ペンも
太さを変えて何本か持ち歩けますし、
その日の気分にあわせて
ペンも選ぶのも楽しいです」

No.0290
息子と楽しむ
乗り鉄手帳
ほぼ日乗組員ゴッド

5歳になる息子が鉄道の大ファン、というゴッド。
「歩きだした頃から電車の魅力に吸い寄せられ、
電車に乗るのが好きな「乗り鉄」に育ちました。
「Dangle」みたいに肩にかけて持ち運べるカバーは、
少ない荷物で出歩くのにちょうどいいサイズ!
記念カードや路線図、電車グッズやおやつも入れて、
ほぼ日手帳を「乗り鉄手帳」にして楽しんでいます。
息子には好きなことをどんどん究めてほしいので
これからもいっしょに出かけたいと思います」