その他

わたしの使い方を送る

No.0359
飲んだ種類を記録した
自分だけの紅茶事典
623さん

『ほぼ日手帳公式ガイドブック2021』で
ご紹介した、623さんの使い方です。

紅茶にハマっている623さん。

月間カレンダーの方眼を利用し、
その日、どの種類をどれだけ
飲んだかを色分けして記入。

方眼ノートには、紅茶のパッケージを
貼って購入日や金額を記録し、
次の購入時に役立てています。

No.0280
「日々の言葉」から
イメージした絵を描く。
しらいしののこさん

『ほぼ日手帳公式ガイドブック2021』で
ご紹介した、しらいしののこさんの使い方です。

しらいしさんはほぼ日手帳の、
「日々の言葉」を読んで描いた絵を
SNSで公開しています。

矢口史靖さんの言葉でオセロ、
サンドウィッチマン伊達みきおさんの言葉から
気仙沼の船を連想して描きました。
操上和美さんの言葉から旅をテーマに、
糸井重里の「『ゆっくり』と『低い』は意味がちがう」
という言葉からは高飛び込みの絵を。
「今日のミラクル」を読んだ日には
車のナンバーの絵を描きました。

文章と絵をリンクさせることで
日々の言葉がより味わい深くなっています。

No.0231
カズンのジッパーズに
刺繍グッズを入れて持ち運び
ぴちこさん

カズンのジッパーズにweeksの手帳と
刺繍グッズを入れているというぴちこさん。

ポケットには生地と使う色の刺繍糸だけを入れて、
どこでも持ち運びできるのが便利とのこと。
weeksの手帳には、
気に入った図案やその日あったことを
簡単に書き留めているそうです。

刺繍の絵柄も、カバーの色と合っていて
とてもすてきですね!

No.0190
将来、成長した娘に
プレゼントするための手帳
Iさん

子育て、母親の思い、
娘へのメッセージなどを
「ほぼ日手帳」に記しているIさん。
高齢出産だったため、
ほかのお母さんよりも
親子で過ごせる時間が少ないかもしれない、
との思いから、
娘さんが母親になったとき、
この手帳が子育てのヒントになるよう、
4歳の娘さんが高校を卒業するくらいまで
書き続けて、結婚をするときに
手渡したいと考えているそうです。

No.0189
お父さんの趣味の予定を書いて
父の日のプレゼントに
ほぼ日乗組員 さくら

乗組員のさくらは
父の日にweeksをプレゼント。
週の言葉以外にも
「読める」要素をプラスしようと、
お父さんの趣味である
自転車レースのコースやスケジュール、
航空ショーの年間予定を書き込んでから
プレゼントしたそうです。
新しい手帳を
プレゼントされるだけでもうれしいですが、
近しい人ならではの書き込みがあると、
さらにかけがえのないプレゼントになりますね。

No.0188
アイデアの元を
ジッパーズに詰め込む
大江ようさん

大江ようさんは、
外国のお札、パッケージ、生地サンプル、
お菓子の付録のシールなど、
デザインやアイデアの参考になりそうな
アイテムは、ジッパーズに集約。
「あれ、どこだっけ?」ということが
なくなるうえ、ジッパーズを開くだけで
自然と気分がアガるという効果も。

No.0186
使い終わったカバーを
母子手帳入れに
すずきゆうこさん

つかい終わった手帳カバーは、
ひとまとめにしたいものを
入れてくと便利です。
すずきゆうこさんは、
オリジナルのカバーを母子手帳入れに。
カードポケットや大きなポケットが
いっぱいあるので、
煩雑になりがちなカードや冊子類も
すっきりまとまります。

No.0184
カズンのジッパーズを
weeksケースに
ぐらんまさん

weeksと一緒に文房具などの小物類を
持ち運びたいとき、
ウォレットカバーやパスポートカバーが
weeksがぴったり入ってオススメ。
資料やA5サイズのノートなど、
もっと大きめなものとweeksを
ひとつにまとめたいときは、
カズンのジッパーズに
weeksを入れるという
ぐらんまさんの使い方、便利ですね。

No.0182
「困ったときに助かる」ものを
ジッパーズに収納

さくらさんは、ジッパーズの中に
「困ったときに助かる」ものを
いろいろと手帳にまとめてあるそうです。

具体的には、
薬(頭痛、風邪、胃薬、手ピカジェル)、
爪切り、お金(1000円札)、
切手(旅先で手紙を出すことが多いので)など。
それから一般的な
付箋、ペン、はさみ、印鑑。
また、時々見たい、
お守りのように持っている写真や、
とても気に入っている
切り絵のカードなども入っているそうです。

これがひとつあれば、ほとんど困ることがない
「困った時の助っ人」なのだとか。

No.0181
weeksを
透明ケースに入れて携帯
ぶろーにゅさん

weeksホワイトラインの「くにゃくにゃ感」に
癒されているという、ぶろーにゅさん。
打合せや移動が多いとのことで、
その度にweeksとペンケースと
電卓とノート、それに打合せの資料などを
ひとまとめに持ち歩くセットにしているそうです。
ケースの中身が見えるからしまい忘れもすぐにわかるし、
シンプルなweeksにカラフルなケースの
組み合わせも気に入っているようです。

No.0178
スポーツで活躍する
ジッパーズカバー
とろろさん

「ポッチャ」という
障がい者のための競技の審判をしているという
とろろさんは、競技に使う道具を入れるケースとして
ジッパーズを活用しているそう。

審判の技術強化練習や審判員講習会、
大会に持っていく道具が入っていて、
ホワイトボード式ノートとメモ帳、
絆創膏と審判員証のほか、
コートをつくる時のテープを切るための
ペン形はさみなども入れているそうです。

まさに審判の「相棒」として
ジッパーズが活躍しているようですね。

No.0176
ジッパーズに
とにかくぎっしり入れる
icoさん

「手帳というより、思い出の記録として
使っている感じです。
おかげでその日に何があったか
今でも鮮明に思い出すことができます」
という、大のジッパーズ好きのicoさん。

文房具のほか、体温計やSDカード、
緊急時のお金や、ヘアゴム、ヘアピンまで。
本当にぎっしり!
手帳が分厚くなりすぎていたのが悩みだったそうで、
avecの登場がとても嬉しいのだとか。