オリジナル

持ち運びしやすい、文庫本サイズの
「オリジナル」のたのしみ方をまとめました。

わたしの使い方を送る

No.0417
分厚い紙を
「おろして」手帳に貼る
ほぼ日 まるたに

ゼンマイ巻きのおもちゃに
はまっているという
ほぼ日手帳チームのまるたに。

おもちゃについている分厚い紙のタグを
手帳に貼るときに便利なのが、
紙を「おろす」という方法なのだそうです。
(おろす=分厚い紙の裏面をはがして薄くすること)

「貼ったあとのデコボコが気にならず、
それ以降のページを書くときも快適です。」
ちょっとした便利なテクニック、
ぜひみなさんもお試しください!

No.0414
おまけページの「Favorites」に
好きなことを書き留める
ほぼ日 しおり

ほぼ日手帳チームのしおりは、
おまけページの「Favorites」に
好きなことを書き留めています。

しおりが所属している
『肉会』(お肉が好きな人が集まる会)
で行ったおいしかったお店のことを書いたり、
見たい映画のメモを書いたり・・・

ジャンルを気にせず、
とにかく自分が気になったものを
書き出すという気軽な使い方!
それだけですてきな
「Favoritesリスト」になりますね。

No.0411
映画ファンの「Favorites」活用術
ほぼ日 ベッカム3

毎年、アカデミー賞の発表を
楽しみにしているという映画好きな
ほぼ日手帳チームのべっかむ3。

おまけページの「Favorites」を活用して、
左ページには今年の作品賞のノミネート作品を、
右ページには歴代の作品賞の受賞作品を
書き出してみました。

まだ観ぬ
「これから好きになるかもしれないもの」を
今からたくさん書いておくと、
先のたのしみが何倍増しにもなるそうです!

No.0408
方眼を使って
ドット絵にトライ
ほぼ日 ベッカム3

ほぼ日手帳チームのベッカム3は、
day-freeの方眼メモを使って
「ドット絵」を描いています。

day-freeの方眼サイズは3.7ミリ方眼、
今回はその4分の1サイズ、
<1.85ミリ方眼>でトライ!

変更したくなったときもすぐに消せるので、
鉛筆を使うのがおすすめだそうです。
今回描いたのはラグビーの田中史朗選手でした。

「フリーハンドで細かいところは気にせずに
どんどん描くのが完成までの近道です。」
とのこと。
みなさんも試してみてくださいね。

No.0406
今日は何の日?
ほぼ日 カッツミー

ほぼ日手帳チームのカッツミーは
白紙になってしまったページを埋めるため、
「今日は何の日?」を調べて
イラストで記録しているそうです。

「この記録を続けることで、
『意味のない日なんて1日もない』という
気づきを得ることができました。
仮に自分にとっては一見何の変哲もない日でも、
世界にとっては特別な日だったりもするのです。」

自分の「今日」にどんな意味付けをするのか。
それ次第で、日々の見え方は
変わっていきそうですね。

No.0405
年間インディックスに
気温をつける
磁石さん

年間インディックスに
気温をつけている磁石さん。
青が最低気温、赤が最高気温と
色分けをしています。

年間インデックスに気温をつけておくと、
「本格的に秋がきたのはこの頃か」とか
「この週けっこう寒かったんだ」とか、
1年経ったときに
「去年とくらべて今年は意外と涼しかったんだ」とか、
あとで振り返れて、ちょっとよさそうです。

1年分がそろったグラフは、
なかなか見ごたえがありそうですね。

No.0403
ページをフル活用する
映画の記録方法
ほぼ日 カッツミー

よく劇場に映画を見に行くという
ほぼ日手帳チームのカッツミーは、
試行錯誤を繰り返し、
映画の記録をしつつも
手帳のページ自体をフルに活用する
方法にたどり着きました。

「映画のチケットをペタリと貼り、
その裏面に感想を書き記します。
そうすることで、チケットをめくった
スペースを無駄にすることなく、
他の事柄を書くことにも活用できるのです。」

こんな風に、
「その時の自分ならでは」の使い方を
模索できるのが手帳の良いところですね。
映画好きのみなさんも、ぜひお試しください!

No.0402
メモページに書く
今までとこれからの年表
ほぼ日 いわくろ

ほぼ日手帳チームのいわくろは
手帳のメモページをつかって
簡単な家族の年表をつくりました。

「手帳に記してみると
『昭和』って長かったんだなぁと思ったのと、
祖父はビートルズが来日した時には
既に44歳だったのかと驚きました。
そして戦争を経験した祖父は
自分とは世の中の見え方が
大きく違うのだろうなと思いました。」

これから記入されていく「令和」が
たのしい出来事でいっぱいに
なって欲しいですね。

No.0401
day-freeに
フェスの思い出を
ほぼ日 しだ

ほぼ日乗組員のしだは
day-freeにフェスの思い出をまとめました。

「毎年行っていたフェス。
(2019は残念なことに台風で中止に‥‥)
来年はこんなふうに過ごしたい! と想像して、
フェス日記を描いてみました。
とくべつな3日間のことを自由に書けるのがいい。
日付がないぶん1ページを縦にわけて
2日分の記録にしたり、
1見開きを平日は狭く、土日は広く区切って
1週間に食べたものを記録するのにも使えるな、
っていろいろ夢が膨らみました」

day-freeは日付を気にせず
3日間のことを一気に書けるのがいいですね。

No.0400
世界チャンピオンを目指して
カードゲームの整理
ほぼ日 ふじた

ほぼ日乗組員のふじたは
day-freeにゲームのことを書きました。

「『お邪魔者』というカードゲームで
2年連続世界大会に進出しています。
2017年に世界2位になりましたが、
それ以降は振るわず。次こそは優勝を狙いたい。
そこでday-freeに、いま一番必要な
『お邪魔者』のカードを整理したページを作りました。
このページを記憶して、
どの種類のカードが何枚あるかを覚えておけば、
かなり有利になるはず」

day-freeが「お邪魔者」チャンピオンを目指す
1冊になりますように。

No.0398
day-freeに仕事と育児の
忘れてしまいたくないことを
ほぼ日 ひらの

ほぼ日乗組員のひらのは
仕事のことからプライベートのことまで
なんでもday-freeに書いています。

「1日1ページ、けっこうすぐ埋まる日もあります。
day-freeには、そこに書ききれなかったことを
メモしてみました。
子どもと遊んでいるときに気づいたこととか、
仕事でふと考えたこと、
書いてみたら1見開きに10日分の
『忘れたくないこと』がたまりました」

day-freeはうすくて軽いので、
ちょっとしたことをさっと書くのにも
ぴったりですね!

No.0395
好きなアーティストのことを書く
推し手帳に
ほぼ日 はっとり

ほぼ日乗組員のはっとりは
好きなアーティストのことを
day-freeに書いています。

「誰か特定の俳優さんや
アイドルのファンになったこと、
あまりなかったんですが、突然出会ってしまいました。
tofubeatsというアーティスト。
それまでライブハウスにも
あまり行ったことがなかったけど、
彼の出るライブには片っ端から行くように。
その思い出を振り返ってみたら、
あっという間に6ページが埋まりました」

「推し」への思いを記録しておくのも
おすすめの使い方です!