趣味や生活
記録をつける

読書の記録帳や家計簿のようにして使ったり、
出会った言葉をメモしておいたり。
好きなことをたのしく記録している
みなさんの使い方です。

わたしの使い方を送る

No.0219
見開きをぜんぶ使って
思い出を残す
ほのんさん

高校生のほのんさん。
「先日通っている高校で
体育祭が開催されたので、
思い切ってweeksのページを
まるまる使ってみました」とのことです。

一週間の見開きが
写真やコメントで
埋まっています。

普段の枠には
おさまりきらない思い出を、
このような「特別編」で
まとめるのもいいですね。

お気に入りの写真を貼ったり、
カラフルなペンで
思い出をつづったり、
その時の興奮が伝わる
キラキラしたページになっています。

「その時の思い出が蘇ってきて、
とても満足しました。」と
ページに書き込んでいるときも
たのしい作業だったそうです。

No.0207
My100に離乳食リスト
lilyさん

「My100のところに
子どもが離乳食で
初めて食べた食材を書きました」
と、ほぼ日手帳を
育児の記録に使っているそうです。

ペンを色分けして、
エネルギー源はオレンジ、
タンパク質源は赤、
ビタミンミネラル源は緑、
その他を青で
記入しているとのこと。

どんどん食べられるものが
目に見えて増えていくのは、
書いていてもうれしいですよね。
色分けをして記録していれば、
栄養バランスのとれた
離乳食を用意するための
今後のヒントにもなりそうです。

100種類めに
なにを書くことになるか、
いまからたのしみですね。

No.0211
日々のイラストを
二冊に描く
@hatayuka_sketchbookさん

weeksとカズンを
同時に使っていて、
「何気ない日常を
楽しみながらお絵描きしています」と
その一部を見せてくださいました。

たくさんのイラストと文章で
ページが埋まっています。

weeksは
左側に予定を書いて
イラストなどは右側に、という
使い方をするユーザーが
多いように思っていましたが
日ごとのラインをまたいで
右側に絵を描くのも、
見開きでたのしいページになっています。

また二冊お使いなので、
weeksには印象に残った
いろいろな出来事を残し、
カズンには
その日のメインイベントを
くわしく書く、といったように
使い分けができますね。

カズンはサイズも大きいので
ショップカードなどを貼ったり
いっしょに保存したいものを挟んだりして、
思い出をめいっぱい残せます。

No.0214
自由帳のようにつかう
kamehariさん

高校一年生のkamehariさんは
1日1ページを
「自由帳」のように使って
あるときは日記やイラストを書いたり、
あるときは好きなバンドのことを記録したり、
あるときはお菓子作りの
レシピを書いたりしているそうです。
かわいいシールも貼って
にぎやかなページになっています。

「自由帳」という考え方、
用途を定めずに
いろいろ好きに使える
ほぼ日手帳にぴったりです。

そしてよく見ると
色を塗っているように見えるところは
スタンプをたくさん押しているんですね。
遊び心もあって、
たのしみながら書けそうです。

No.0224
1日1ページに
大きく似顔絵を
百音さん

「地元の球団を応援しているので、
選手たちの活躍が嬉しくて
たまに似顔絵を描いています。」
という百音さん。

楽天イーグルスの
茂木栄五郎選手を描いた
1ページを見せてくださいました。

試合の感想を
文字で記録するのもいいですが、
こうやって絵で描くと
そのときのあの一打!というように
映像で思い出せる気がします。

スケッチブックのように使っていると
応援しているチームの
1年の思い出ブックのようになっていきますね。

No.0203
飲酒量とランニングを
カレンダーに記録
節酒カレンダーさん

健康管理に
ほぼ日手帳を活用している、
という方もいらっしゃいます。

節酒カレンダーさんは
ペンネームのとおり
weeksの月間カレンダーに
シールを貼って
「節酒カレンダー」にしているそうです。

休肝日を増やそうと
飲み会などの多量飲酒は赤、
晩酌で適量は黄色、
休肝したら緑色を貼って
記録しています。

「現在は月に緑10枚を
目標に頑張ってます」という通り、
この月はしっかりクリア!

こうやってひと目でわかれば
「今日はやめておこう」という
気持ちにもなりやすそうです。

最近はそれに加えて
ランニングの記録も。
これは毎月100㎞が目標とのこと。

毎日記録をつづけることが
結果にもつながっていきそうです。

No.0209
天気と気温を記録
くまひよりさん

「お天気スタンプを押して、
スタンプの隣には
最高気温と最低気温を書いて、
記録をつけることが私の日課です。」
という、くまひよりさん。

weeksの月間カレンダーは
スペースも広いので、
スタンプを押したり
毎日気温を記録しても
予定もしっかり書けます。

「スタンプを押すことで
一目で分かるようになりました!」とのこと。
たしかに「晴」「雨」と
文字で書くよりもわかりやすく、
しかもカラフルでかわいいですね。

1か月終わったら、
晴れ、曇り、雨の集計を
下に書くというのも
ナイスアイデアです。

No.0222
好きなグループの
My100曲
えもりんさん

SMAPのベストアルバムが
発売される前に、
楽曲の人気投票があったそうです。

えもりんさんは
「好きな歌なんて選べないよー
100個くらいあるわー」と。
そこで「これだ!!!」と思って
おまけページのMy100に
書き始めたとのこと。
ばっちり100曲、
埋まっています。

リストの右側の色分けは
なんだろうと思ったら、
大学入学前は青、
社会人になってからがオレンジ…と
発売当時のえもりんさんの
年代別の色になっているんですね。
思い出とリンクして
まさに「“私の“スマップソング100」!

リストをつくっている間も
「もう楽しくて嬉しくて
ドキドキして
とても幸せな時間でした。」
と、うれしさが伝わってくる
報告をしてくださいました。

No.0227
高校のクラスで
生徒が順番に書く
佐藤剛さん

神奈川県の私立高校で
英語を教えている先生から
使い方が届きました。

「1年間のクラスの足跡を残そうと
ほぼ日手帳を
生徒たちに使ってもらっています。

学校から支給された
日直日誌があるのですが、
そちらは僕が英語教師なので
英語で記入をさせています。

生徒たちは四苦八苦。
英語での記入となると
自由にあれこれ書けない…
ということで、
ほぼ日手帳カズンを購入しました。

さらにオリジナルも追加購入。
今では、日直日誌・カズン・オリジナルの
3冊がクラスで使われています。

生徒は何気ない言葉から
行事に向けた気合の入った日記まで、
思い思いに書いてくれています。」

先生だけでなく生徒たちも、
ほかの生徒がなにを書いたか
じぶんはなにを書くか、
楽しみにしているだろうなあと思います。

ときに写真が入っているのも
いい思い出になりそうですね。
すてきな使い方を、
ありがとうございました!

No.0226
文字の工夫で
シンプルでもにぎやかに
@yuka_maro

毎日何をしたか
特に印象に残ってるものを
絵日記に残しています、
という@yuka_maroさん。

イラストと文章で
日々がたのしく記録されています。

文字を吹き出しで囲んだり、
タイトルのような部分は
白抜きの文字にしたりすると、
メリハリがついて
シンプルでもにぎやかなページになりますね。

No.0212
テーマを決めて
じぶんだけのカバーを制作
その他さん

手芸屋さんで
生地やボタンを買ってきて、
加工やエイジングを行い
ほぼ日手帳オリジナル用の
カバーをご自身で作った
という、その他さん。

テーマは
「ロックバンド、Nirvanaの
カート・コバーンが
もし、ほぼ日手帳を買ったら。」
とのこと!

好きなテーマを決めて
じぶんだけのカバーをつくるのも、
愛着がわいて
いつも持ち歩きたくなる
手帳になりそうです。

No.0204
予定の右側には
その週のイラストを
Komaさん

4年前から
weeksを愛用しているという
Komaさん。

見開きの左側には
一週間の予定を書き、
右側にはその週に
食べたもの、見たものや
愛犬のジャックラッセルの
マイロちゃんの絵を描いているそうです。

予定の管理だけでなく、
その一週間をイラストで
たのしく振り返ることができる
日記のような使い方になっています。