day-free

メモスペースがたっぷり
月間ノート手帳「day-free」の
使い方をご紹介します。

わたしの使い方を送る

No.0382
月間カレンダーの枠に
イラストとひと言を
フジサキさん

「day-free」月間カレンダーの枠を使って、
かわいらしいイラストに
ひと言を添えて日記をつけているフジサキさん。

スケジュールは左側のスペースで
管理しているそうです。

読み返すのがたのしそうなフジサキさんの手帳。
動物たちやポケモンなど、
キャラクターがいるおかげで
ショックだったことや身体の不調なども
カバーしてくれそうですね。

No.0381
手帳を開いて
嬉しくなる生活
icoさん

icoさんは「day-free」のページいっぱいに、
ひと目で自分が嬉しくなれる生活を
絵に描いて認識できるようにしていました。

このほかのページにも、見返したいこと、
思いついたことや刺激を受けたことを記録。
お金の使いみち、購入したいもの、
服のコーディネート、すぐに作れる献立など、
生活がたのしくなるようなものばかり!

「わたしの心地いいくらしってこういうこと」
というタイトルに書いてあるとおり、
好きなもの、ほしいものに囲まれた生活は
やっぱりうれしくなりますよね。

No.0380
表でわかりやすく
病院で役立つ手帳
きょんさん

きょんさんの「day-free」には、
お子さんが病院にかかるときに
お医者さんに見せる内容が
表でわかりやすく書かれています。

1日に5回書かれている数字は、
お子さんの導尿量の記録表。
月に1回の診察時には
このまま先生に見てもらえるので
便利なのだそう。

手帳には、お医者さんに
質問したいことや疑問も手帳にメモしているので、
通院には欠かせないものになっています。
病気や体調の変化と付き合っていくのに、
記録をつづけることは大切ですね。

No.0379
day-freeを使った
読みやすいイラスト日記
Rumiko Worksさん

イラストレーターの
Rumiko Worksさんが送ってくれたのは、
「day-free」に描かれた
2019年末のイラスト日記です。

思った事をなんでも書いているそうですが、
出来事ごとに区切ってあって、
どれも読みやすく編集されているようです。

「iPhoneケースを買ったこと」
「油淋鶏のタレのレシピ」
「100円ショップで買いそうになったもの」
「20年以上使っているソファ」など
どの絵もとってもかわいらしく、たのしそうです。

No.0378
特別な日は
ページを気にせず大胆に
オカワダさん

オカワダさんは
旅の記録や、日常の出来事を
絵を交えながらday-freeを使用しています。
レシートや思い出に残したいものを
貼り付けながらたのしんでいるそうです。

旅行に出かけた日は特別なので、
「1日1ページではおさまりきらない!」
ということもあるかもしれませんが、
そんなときにぴったりなのが「day-free」。
オカワダさんのように絵を描いたり、
記念スタンプを押したり箸袋などを貼るのも
「day-free」なら気兼ねなく使えていいですね。

No.0377
書きたいことを書きたい日に
その日の気分で
アカリさん

日々の嬉しかったことや、育児記録を
「day-free」に書いているアカリさん。

マスキングテープを貼って日付けを書き込み、
書くことのある日だけ、書きたい量を
書いていくスタイルで使っているそうです。
写真からわかるように、左ページに1日分、
右ページに4日分のことが書かれています。

書きたいことを書きたい日に書けるのは
まさに「day-free」ならではです。

No.0369
半年で2冊目!?
レイアウト自由自在の
day-freeが大活躍
ももじろうさん

『ほぼ日手帳公式ガイドブック2021』で
ご紹介した、ももじろうさんの使い方です。

子どもたちのお弁当やお菓子の写真は
プリントアウトして整理。
「日付を気にしなくていいので、
貼りたいだけ貼ります」

整理に欠かせないのが
日めくりふせんカレンダー「himekuri」。
仕事用は楽しくなるイラストを、
プライベートは写真を貼るので
シンプルなタイプと使いわけ。

No.0359
飲んだ種類を記録した
自分だけの紅茶事典
623さん

『ほぼ日手帳公式ガイドブック2021』で
ご紹介した、623さんの使い方です。

紅茶にハマっている623さん。

月間カレンダーの方眼を利用し、
その日、どの種類をどれだけ
飲んだかを色分けして記入。

方眼ノートには、紅茶のパッケージを
貼って購入日や金額を記録し、
次の購入時に役立てています。

No.0329
余った毛糸が大活躍!
手編みの手作りカバー
アプリコット菜の花さん

1年に1度、新しい手帳を下ろすことが
しばらく前からの楽しみとなっているという
アプリコット菜の花さん。

余っていた毛糸を活用して、
カズンとday-free用に
2種類のカバーを編んでみたそうです。

余った毛糸を組み合わせたとは思えないほど、
すてきな色合い!
しおりのタッセルもポイントになっています。

カバー・オン・カバーをかけているので、
汚れを気にせずに長く使えますね。

No.0298
おうちで甘味手帳 その2
ほぼ日乗組員ツルキ

乗組員ツルキが
食べたお菓子の思い出を書いた
day-freeのページ。
入っていたショップカードを
貼っておくだけでも、
思い出になりますね。
日付が入っていないday-freeは
ページ数を気にせずに
自由帳のように使えます。

No.0297
おうちで甘味手帳 その1
ほぼ日乗組員コマタ

自宅で食べたおいしいおやつを
手帳に描く、という使い方もおすすめです。
全国のみなさんが教えてくれた
「おみやげおやつ大辞典。」
じっくり読み込み、気になったお菓子を
お取り寄せしてみた乗組員コマタ。
「サクサクのサブレとなめらかなクリーム、
ほんのりお酒を感じるチェリーが最高」
とのこと。

No.0270
その日あったいいことを、
ひとつだけ。
北詰わかなさん

『ほぼ日手帳公式ガイドブック2021』で
ご紹介した、北詰わかなさんの使い方。
北詰さんは
「その日あった、うれしかったこと」を
ひとつだけ書くという使い方をしています。
手帳は会社のデスクの引き出しが定位置。
毎朝、前日のことを思い出して書くのだそう。

縦書きにしているのは、
「達筆になりたくて、
ボールペン字の練習のために」だそう。
字がもっとうまくなって
万年筆を使うのが目標なんだとか。

毎日つづけるからこそ、
内容のほかに字の上達にもつながりそうですね。