weeks

1週間が見開きにまとまる「weeks」の
特長を活かした使い方を集めました。

わたしの使い方を送る

No.0220
見開きをぜんぶ使って
思い出を残す
ほのんさん

高校生のほのんさん。
「先日通っている高校で
体育祭が開催されたので、
思い切ってweeksのページを
まるまる使ってみました」とのことです。

一週間の見開きが
写真やコメントで
埋まっています。

普段の枠には
おさまりきらない思い出を、
このような「特別編」で
まとめるのもいいですね。

お気に入りの写真を貼ったり、
カラフルなペンで
思い出をつづったり、
その時の興奮が伝わる
キラキラしたページになっています。

「その時の思い出が蘇ってきて、
とても満足しました。」と
ページに書き込んでいるときも
たのしい作業だったそうです。

No.0212
日々のイラストを
二冊に描く
@hatayuka_sketchbookさん

weeksとカズンを
同時に使っていて、
「何気ない日常を
楽しみながらお絵描きしています」と
その一部を見せてくださいました。

たくさんのイラストと文章で
ページが埋まっています。

weeksは
左側に予定を書いて
イラストなどは右側に、という
使い方をするユーザーが
多いように思っていましたが
日ごとのラインをまたいで
右側に絵を描くのも、
見開きでたのしいページになっています。

また二冊お使いなので、
weeksには印象に残った
いろいろな出来事を残し、
カズンには
その日のメインイベントを
くわしく書く、といったように
使い分けができますね。

カズンはサイズも大きいので
ショップカードなどを貼ったり
いっしょに保存したいものを挟んだりして、
思い出をめいっぱい残せます。

No.0204
飲酒量とランニングを
カレンダーに記録
節酒カレンダーさん

健康管理に
ほぼ日手帳を活用している、
という方もいらっしゃいます。

節酒カレンダーさんは
ペンネームのとおり
weeksの月間カレンダーに
シールを貼って
「節酒カレンダー」にしているそうです。

休肝日を増やそうと
飲み会などの多量飲酒は赤、
晩酌で適量は黄色、
休肝したら緑色を貼って
記録しています。

「現在は月に緑10枚を
目標に頑張ってます」という通り、
この月はしっかりクリア!

こうやってひと目でわかれば
「今日はやめておこう」という
気持ちにもなりやすそうです。

最近はそれに加えて
ランニングの記録も。
これは毎月100㎞が目標とのこと。

毎日記録をつづけることが
結果にもつながっていきそうです。

No.0210
天気と気温を記録
くまひよりさん

「お天気スタンプを押して、
スタンプの隣には
最高気温と最低気温を書いて、
記録をつけることが私の日課です。」
という、くまひよりさん。

weeksの月間カレンダーは
スペースも広いので、
スタンプを押したり
毎日気温を記録しても
予定もしっかり書けます。

「スタンプを押すことで
一目で分かるようになりました!」とのこと。
たしかに「晴」「雨」と
文字で書くよりもわかりやすく、
しかもカラフルでかわいいですね。

1か月終わったら、
晴れ、曇り、雨の集計を
下に書くというのも
ナイスアイデアです。

No.0205
予定の右側には
その週のイラストを
Komaさん

4年前から
weeksを愛用しているという
Komaさん。

見開きの左側には
一週間の予定を書き、
右側にはその週に
食べたもの、見たものや
愛犬のジャックラッセルの
マイロちゃんの絵を描いているそうです。

予定の管理だけでなく、
その一週間をイラストで
たのしく振り返ることができる
日記のような使い方になっています。

No.0207
月間ページの使わないスペースを
「Time Table」で有効活用
テトさん

weeksのspringを
使っているテトさん。

2017年の手帳は
翌年2018年の4月まで
月間カレンダーが載っているのですが、
「後半はもう新しい手帳に
移行していると思うので」と
見開きの下半分が
使わないスペースになっていました。

そのスペースに
ダウンロードシティから
「Time Table」を印刷して
一週間のルーティンの予定を書き
貼っているそうです。

3人の息子さんの
サッカーの練習時間や
掃除などの家事を書き込んでいます。
いろいろな予定が可視化できれば
じぶんの時間もたのしめますね。

No.0218
ひと工夫でweeksに
バタフライストッパーを
スパイシーママさん

ずっとオリジナルを使っていて
2017年のspringから
weeksを使い始めたという
スパイシーママさん。

weeksにはついていない
バタフライストッパーを
ひと工夫でつくりました、と
その方法を教えてくださいました。

カバー・オン・カバーについている
マーキングフラップを
ボールペンの太さに合わせて
内側にクルッと丸めて、
両面テープでとめたら、できあがり!

透明の両面テープではなく
写真貼付用の
白い両面テープを使ったそうで、
模様の一部のようになって
なじんでいます。

バタフライストッパーが使えると
ボールペンが指せるだけでなく、
手帳が開かないように
留め具の役割も果たしてくれるので
持ち歩きに便利なんですよね。

 

No.0209
思い立ったときにペン一本で
食事を記録する
オトナシさん

ほぼ日手帳ユーザー2年目で
今年からweeksを使っているという
オトナシさん。

日にちは関係なく、
思い立ったときにスラスラと
主に食事の記録をしているそうです。
週間ページの
右側のフリースペースに
イラストと文で
説明と感想が書いてあります。

「色を使った方が
ごはんの美味しさとかも
伝わると思いますが、
私はいつも同じテンションで書き続けたいので、
日によってテンションの違いがばれないように
ペン一本で下書きなしで書きます」とのこと。

書き続けるコツは
同じテンションで書くこと。
たしかに最初にがんばりすぎちゃうと
つづけるのが大変だったりしますよね。

黒のペン一本でも
それがあえておしゃれに見えて
すてきなおいしい記録になっています。

No.0200
アクリル絵の具で
本体に直接描く
ぼの。さん

「カラーズの布っぽい表紙が、
どうしてもキャンバスに見えてしまい、
ついついアクリル絵具で
落書きしてしまいました。」
というぼの。さん。
迫力のある力作です。

カラーズのナイトスカイが大変身。
あざやかな青空と
ヘビクイワシがかっこいい
世界にひとつだけの手帳になっています。
ヘビの部分には
和紙を貼っていて、
その質感の違いもおもしろいですね。

勢いのある1年になりそうです!

No.0202
一週間の仕事の予定とタスクを
見開きで管理
おさるさん

weeksで仕事の管理をしているおさるさん。
左ページには一週間の予定、
右ページはTO DOリストを書いています。

「常に8~12の案件が
同時に動いている感じなので
1週間の予定と見合わせながら
「いつ・どのタスクをやるか」を調整しています。」
と、左右のページをうまく使った
わかりやすい仕事手帳になっています。

見開きのweeksだと
予定とタスクが見渡せますし、
チェックマークを入れていけば
うっかりも防げて
モチベーションがあがりますね。

また、スケジュールの下に書いてあるのは
この週に読んだ本。
息抜きの一冊が
仕事のヒントになることもありそうです。

No.0195
アニメやマンガのタイトルを
月間スケジュールに複写
キムラさん

weeksを使っているキムラさん。
月間スケジュールのたのしい使い方を考えた結果、
好きなアニメの放送日やマンガの発売日などを
タイトル文字を模写しているそうです。
「小さいマスに描くのは少し大変ですが
それ以上に描くのが楽しくて
月が替わるごとに何を描こうかなとワクワクします。
アニメや漫画のほか、観たい映画や
好きなアーティストの新曲なども描きます」
また、描く際には「4色のみ」にしているそう。
「描き始めた頃4 色ボールペンを
使っていたのがきっかけですが
小さいマスに書くからこそ
色数は少ない方が見やすいと思っています」
好きな世界が広がるカレンダーのページ。
とっても素敵な使い方ですね。

No.0194
weeksに「欲しいものリスト」を作成
ニコスマイルさん

weeksに「欲しいものリスト」を作っているという
ニコスマイルさん。
「欲しいな」と思うものがあったら、
写真をシールプリントして、ふせんにはりつけ、
リストにしているそうです。
「このリストを見ながら、まずはじっくり悩みます。
欲しい順に並べ変えてみたり、
やっぱりいらないかなと、リストから外してみたり‥‥。
そして、実際に手に入れたあかつきには、
日記にしているplannerにシールを移動し、記録します」
とのことでした。
これなら、衝動買いをすることなく、
じっくり考えて買い物ができますね。
手帳を開くと、欲しいものが
パッと目に飛び込んでくるのも、
なんだかうれしくなりそうです。