自分用に
カスタムする

カバー・オン・カバーをかけて
気軽にカスタマイズしている方から
みずからカバーを手作りしている方まで。
自分流にたのしむアイデア、満載です。

わたしの使い方を送る

No.0230
デニム生地でカバーを自作!
kakerunamamaさん

この春からほぼ日手帳を
使いはじめてくださっているという
kakerunamamaさんは、
手帳カバーを自作されたとのこと!

「構想から2ヶ月、
手帳カバーを自作している方のブログなどを参考に
試行錯誤しながらやっと完成しました。

子供服ブランドのノベルティ
(息子の産まれた年のもの)だった
デニム地のカレンダーを
どうにかリメイクできないかと
保管していたので、
手帳を連想することもできる
この生地に決定。

息子の誕生日(10/9)が表面にくるようにカットし、
(娘の産まれ曜日(7/23)は内ポケットに使用)
ビニールコーティングをしたり、
100均のメッシュポーチを解体してみたり‥‥。
一番苦戦したのは縁取りですかね〜。
よく見るとガタガタですが(笑)。

でも愛着は10倍増。
これから1年、いえ、ずーっと
ほぼ日手帳を愛用させていただきます!」

愛着が10倍なんて、すばらしいですね。
これからも、たのしんで使っていただけますと
うれしいです。

No.0220
カバーや小物を
自分だけの手帳にカスタム
ミルトリドさん

ミルトリドさんは
このジッパーズのカバーを
2014年から変わらず
愛用くださっているそうで、
「シンプルで手ざわりも良く
飽きの来ない色合いですが 、
友人がかぎ針で編んでくれた
鍵のモチーフや、
自分で作った
大きめなタッセルをつけたりして
変化を楽しんでいます。」とのことです。

長年使っているカバーは
手にもなじみますし
愛着もわきますが、
このようにポイントを
すこし加えていくと
さらにお気に入りの
自分だけの手帳になりそうです。

また、いっしょに持ち歩くものも
自分が使いやすいように
カスタマイズ。
「名刺サイズの紙に
カラフルなゼムクリップや
楽しいクリップをつけて
ポケットにしまっています。
ほかにも、
ちょっとすてきな切手や
ボールペンの替え芯、
もしもの時のお金をすこしだけ」。

どれも必要なときに
ぱっと取り出せたら
便利なものばかりです。
重さがあるものでもないので、
毎日持ち歩いても
苦になりませんね。

No.0217
ワッペンを貼ったフィルムを
挟んで着せ替え
urushi8さん

カバーを市販のワッペンで
カスタマイズしているという
urushi8さん。

「直接カバーに貼るのではなく、
ほぼ日手帳のカバーの
見開きサイズに切った
透明なフィルムに
両面テープで仮止めし、
ほぼ日のカバー・オン・カバーと
本体の間に挟んで使っています。」
とのこと。

このひと手間をプラスすることで、
・カバーに糊で跡がつくことがない
・持ち歩いている間にズレる事もない
・ワッペンの位置を何度も変えられる
と便利なことが多いそうです。

また、カバーの色を変えると
ガラッと雰囲気が変わります、と
お手持ちのカバーに
同じワッペン配置した
フィルムをセットして
くらべてくださいました。

手軽にその日の気分で
着せ替えできるのが
たのしそうです。

No.0213
テーマを決めて
じぶんだけのカバーを制作
その他さん

手芸屋さんで
生地やボタンを買ってきて、
加工やエイジングを行い
ほぼ日手帳オリジナル用の
カバーをご自身で作った
という、その他さん。

テーマは
「ロックバンド、Nirvanaの
カート・コバーンが
もし、ほぼ日手帳を買ったら。」
とのこと!

好きなテーマを決めて
じぶんだけのカバーをつくるのも、
愛着がわいて
いつも持ち歩きたくなる
手帳になりそうです。

No.0200
アクリル絵の具で
本体に直接描く
ぼの。さん

「カラーズの布っぽい表紙が、
どうしてもキャンバスに見えてしまい、
ついついアクリル絵具で
落書きしてしまいました。」
というぼの。さん。
迫力のある力作です。

カラーズのナイトスカイが大変身。
あざやかな青空と
ヘビクイワシがかっこいい
世界にひとつだけの手帳になっています。
ヘビの部分には
和紙を貼っていて、
その質感の違いもおもしろいですね。

勢いのある1年になりそうです!

No.0159
手帳本体をシールでラッピング
ゆいさん

2015年版で「ほぼ日手帳」デビューをした

ゆいさんは、
さっそく手帳本体を飾ってみたようです。

本体に直接、お花のシールを貼ってラッピング。
まるで生花を敷き詰めたような華やかさですね。

No.0153
製作期間6カ月の自作カバー
つるさん

つるさんの「ほぼ日手帳」のカバーは手作り。
左側にはトカゲ、右側には大輪のツバキ。
黒い布に黒い糸で刺繍された
陰影で魅せるカバーは、
完成まで6カ月かかったそうです。
デザインのラフは「ほぼ日手帳」に。

No.0152
海外のユーザーが作った
「どせいさん」の刺繍入りカバー
Birdieさん

オーストラリアに住む
Birdieさんは
Hobonichi Planner 用のカバーを自作。
『MOTHER2』『MOTHER3』が
大好きということで、
『MOTHER』のキャラクターである
「どせいさん」の刺繍が施されています。

No.0151
風呂敷をお直しした自作カバー
今井さん

「なるべく薄く、紙や、木、自然にちかい
 触り心地のいいカバーがほしい」
そんなふうに思った今井さんは、
知り合いの染色家の作品である風呂敷を、
近くのお直し屋さんで、
手帳カバーに仕立ててもらったそうです。
手帳全体をやさしく包んでくれるこのカバー、
汚れたらすぐ洗えるのもポイントです。

No.0150
1週間かけて
ヌメ革カバーを製作
六ペンスさん

ライフワークとして続けている
革細工の腕前を活かし、
ヌメ革のカバーをイチから自作した
六ペンスさん。
カバー内側に
思い入れのある言葉をスタンプしたり、
ポケットに星座図を入れたりと
自分にしかできないこだわりが随所に。

No.0149
切り抜きをコラージュした
オリジナルカバー
ぴとさん

カタログやフリーペーパーを切り抜いて
カバー用の紙をコラージュ。
上からカバー・オン・カバーをかけて
ぴとさんだけの手帳カバーが完成しました。
チョコレートやドーナツといった
お菓子の柄がふんだんにつかわれた
おいしそうなカバーですね。

No.0148
weeks用の
パッチワーク調カバー
たあ。さん

たあ。さんのweeks自作カバー。
少しずつ余ったお気に入りの布たちも
パッチワークのようにつなぎ合わせれば、
立派な手帳カバーに早変わり。
しおりやバタフライストッパーなど、
こまかい部分も自分の好みにできるのが
自作カバーのたのしいところ。